PR
アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO
アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO
[画像のクリックで拡大表示]
Amzonプライムの年会費は3900円と米国の半分以下
Amzonプライムの年会費は3900円と米国の半分以下
[画像のクリックで拡大表示]
会員の購入ページにはワンクリックで特典が適用されるボタンが表示される
会員の購入ページにはワンクリックで特典が適用されるボタンが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾン ジャパンは2007年6月8日、有料制の会員サービス「Amazonプライム」を開始すると発表した。年間3900円ですべての注文に関する配送料が無料になる。配送も「お急ぎ便」と呼ばれる特急便が適用される。

 同社が運営する「amazon.co.jp」では、現在1500円以上購入のユーザーに限り配送料を無料にしている。お急ぎ便は指定された時間までに注文を完了することで、関東エリアで最短当日、それ以外の地域は最短翌日に商品を届けるオプションサービスで、1つの注文につき350円で提供している。こういった配送料無料サービス適用の最低購入額やお急ぎ便のオプション料金が不要になるのがAmazonプライムだ(マーケットプレイスの商品については対象外。沖縄と一部離島については通常便)。アマゾン ジャパンで有料会員サービスを提供するのは今回が初めて。Amazonプライムに入会したユーザーと同居している家族2名までなら同じ特典が受けられる。

 Amazonプライムは既に米国で2005年から提供している。米国以外でのAmazonプライム提供は日本が初となる。米国では79ドル/年で提供しており、日本ではその約半分の年会費となる料金設定について、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOは「日本は非常に人口密度が高く、配送配送料金が米国に比べて安いため」と説明した。「当面はコスト負担増にはなるが、(会員プログラムによって会員の購買意欲が上がれば)会員1人当たりの購入額が増える。長期的にみるとメリットはかなり大きく、価値ある投資と考えている」(ベゾスCEO)とした。

 ベゾスCEOは、先日発表したDRMフリーの音楽ダウンロードサービスに関しても言及。「ユーザーはDRMで煩わしい思いをすることがなくなる」と改めてその意義を説明した。ただし、米国以外でのサービスに関しては「引き続き注目しておいてほしい」と、その時期や詳細については明言を避けた。