PR
写真●松下電工が参考出展した「WormPOLICE」。ワームやウイルスの感染拡大を防ぐ
写真●松下電工が参考出展した「WormPOLICE」。ワームやウイルスの感染拡大を防ぐ
[画像のクリックで拡大表示]

 松下電工は,ネットワーク上に設置することによって,電子メールを経由したワームやウイルスの感染拡大を防ぐアプライアンス装置「WormPOLICE」を,6月13日から開催中の展示会「Interop Tokyo」で参考展示した。

 WormPOLICEは,社内ネットワーク上に配置して運用するDNSプロキシ・サーバー。WormPOLICEを社内クライアントPCのDNSサーバーとして設定しておくことで,万が一クライアントPCがウイルス/ワームに感染してしまった場合でも,他のパソコンに感染させてしまう事故を減らせるという。

 仕組みは,DNSへの問い合わせのうち,メール受信サーバーを示す「MXレコード」を参照する問い合わせに限ってブロックするというもの。背景には,ウイルスやワームは「電子メール・サーバーを調べてメールを送りつける,という挙動を示すものが多い」(松下電工の説明員)という状況がある。