PR

 日立システムアンドサービスは, USBメモリーなどを使って機密情報を社外へ持ち出せないようにするセキュリティ・システム「LeakProof」のデモ・システムをInterop Tokyoのブースで展示している。同システムは,アプライアンス「LeakProof Server」と,クライアントPC上で動作するエージェント・ソフト「LeakProof Agent」で構成する。開発会社は米Provilla。2007年6月13日に出荷開始した。

 LeakProofは,機密情報をUSBメモリーなどの外部デバイスにコピーできなくすることで情報漏えいを防止する。クライアントPCにインストールするエージェントが,機密情報であるかどうかを判断するとともに,機密情報の外部デバイスへのコピーを防止する。機密情報ファイルに対する操作を把握しているため,機密情報を編集/改ざんしたり暗号化したりしても,それが機密情報であることを検知できる。

 機密情報かどうかの判断は,機密情報ファイルごとに作成した独自のシグネチャと照らし合わせることで判定する,というもの。仕組みは不明だが,ある程度ファイルを改ざんしても判定が可能であるという。シグネチャの生成と一元管理をつかさどるのが,アプライアンスのLeakProof Serverである。ファイル・サーバー上にある機密情報ファイル群などに対して,シグネチャを作っておく。

 LeakProofのエージェントを導入したクライアントに機密情報ファイルをダウンロードすると同時に,ダウンロードした機密情報に該当するシグネチャもダウンロードする。これにより,クライアントPCをネットワークから外して外出先に持っていっても,入手済みのシグネチャを用いてエージェントが機密情報の漏えいを防止できる。

 価格は,以下の通り。LeakProof Serverは,500クライアント未満で575万円,500クライアント以上で920万円。LeakProof Agentは,25クライアントで63万3000円,500クライアントで1058万円など。