PR
写真1●米ファウンドリーネットワークスのハイエンドL2/L3スイッチ「BigIron RX-32」
写真1●米ファウンドリーネットワークスのハイエンドL2/L3スイッチ「BigIron RX-32」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●米ファウンドリーネットワークス ハイエンド&サービス・プロバイダ・システムズのアメド・アブデルハリム ディレクタ
写真2●米ファウンドリーネットワークス ハイエンド&サービス・プロバイダ・システムズのアメド・アブデルハリム ディレクタ
[画像のクリックで拡大表示]

 ファウンドリーネットワークスは6月13日,ハイエンドのレイヤー2/レイヤー3(L2/L3)スイッチ「BigIron RX-32」を発表し,千葉市の幕張メッセで開催中の「Interop Tokyo 2007」で実機を展示した(写真1)。

 BigIron RX-32は,最大1536ポートのギガビットイーサネット(GbE)を搭載可能なハイエンド・スイッチ。全ポートを10GbEにした場合は,最大128ポートとなる。パケットの処理能力は秒速22億パケット。

 米ファウンドリーネットワークスのハイエンド&サービス・プロバイダ・システムズのアメド・アブデルハリム ディレクタ(写真2)によれば,「現時点で業界最高の処理能力を持ったL2/L3スイッチ」。消費電力については,「競合他社に比べて低く1Gビット/秒の処理当たりRX-32が8.74ワットであるのに対し,他社は1.2~1.5倍を消費する」(同氏)とした。

 同社が想定している販売先は,通信事業者や大企業のデータ・センター,ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)を実践する研究機関やメーカーなど。

 データ・センターでの需要については,「これまで企業ではストレージ同士をつなぐのにファイバチャネルなどイーサネットとは異なる技術を使ってきたが,ストレージもサーバーもまとめてイーサネットで接続する方向に向かっている」(アブデルハリム ディレクタ)とし,これまで以上に大容量のスイッチが求められるとした。また,HPCについては「自動車会社などがこれまでスーパー・コンピュータで計算していた車のモデリングを,PCクラスタに移行する傾向が見えており,ここでも大量のデータをスイッチングできる製品の需要が盛り上がると見ている」(同)。

 参考価格は,基本システムが2573万9400円(1ドル120円で計算した場合)。2007年第4四半期に出荷を開始するという。