PR

 厚木伊勢原ケーブルネットワーク(本社:神奈川県厚木市,社長:伊達耿介氏)など神奈川県のケーブルテレビ(CATV)事業者4社は2007年6月13日,各社が撮影する幹線道路のライブ映像の相互利用を,7月1日に開始すると発表した。今回の取り組みには,厚木伊勢原ケーブルのほか,イッツ・コミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区,社長:野本弘文氏)と小田原ケーブルテレビ(本社:神奈川県小田原市,社長:市川和夫氏),湘南ケーブルネットワーク(本社:同平塚市,社長:柏手茂氏)が参加する。

 4社はそれぞれストリーミングサーバーを設置し,各社がインターネット経由でほかのCATV事業者のサーバーから,道路のライブ映像を取得できるようにする。これにより4社は,ほかのCATV事業者が撮影した道路のライブ映像を,自社のコミュニティーチャンネルの番組素材として利用することが可能になる。今後4社は,地域のイベント情報の共同利用などにも取り組む方針である。