PR
写真1●国内初披露の小型無線LANコントローラ
写真1●国内初披露の小型無線LANコントローラ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●無線中継機能を持つ無線LANアクセス・ポイント
写真2●無線中継機能を持つ無線LANアクセス・ポイント
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●電車などに設置するモバイル アクセス ルーター
写真3●電車などに設置するモバイル アクセス ルーター
[画像のクリックで拡大表示]

 シスコは,Interop Tokyo 2007で無線LANアクセス・ポイント(AP)間を無線で接続するメッシュ型無線LANのデモを実演している。AP間を無線で接続するシステムで,サービス・エリアの拡張が容易という特徴がある。今回,APを制御する小型無線LANコントローラ「Cisco WLC500シリーズ」(写真1)を国内で初めて披露した。

 総務省四国総合通信局の平成18年度調査研究として,「四国地方におけるデジタル・ディバイド対策のための調査検討」での稼働実績があるシステムである。

 メッシュ型無線LANは,無線LANコントローラにルートAPを接続し,その配下のAPを無線で接続していくシステムである(写真2。APがほかのAPのデータを中継する役割も持っており,電源さえ取れればAPを設置できるため,サービス・エリアの拡張がしやすい。そのうえ,無線であるため,なんらかの原因でAPの中継機能が使えないときに,ほかの経路を使って伝送路を確保することも可能である。

 各APは,コントローラがルートAPを通じて集中管理する。コントローラから各APに対して,設定情報などを自動的に配布する機能も持つ。

 展示会場では,このほか,モバイル アクセス ルーターも展示している(写真3)。電車などに設置して,車内の複数ユーザーをメッシュ型無線LANに接続するための装置である。