PR

 日本ヒューレット・パッカードは,業務システムの開発環境をリース形式(5年リース)で提供するサービス「HP VM開発・保守きっと楽々君」を,6月15日に出荷した。Itanium2搭載サーバー上に作成する仮想サーバー機を用いて開発を進めることで,本番環境と同じハードウエアを別途用意する必要がなくなる。価格は,月額リース料が25万8216円から。

 同サービスは,CPUにItanium2を搭載したサーバー機と,仮想マシン・ソフト「HP Integrity Virtual Machines」(Integrity VM)を組み合わせて,リース形式で提供するもの。仮想マシン上で動作するOSは,Itanium2上で動作するHP-UX,Windows,Linux。開発/保守環境となるサーバー機を仮想マシンとして必要に応じて実装することで,ハードウエア導入コストを抑えられる。また,開発/保守環境の構築や移行といった作業が容易になる。

 用意される物理サーバー機は,「HP Integrityサーバrx3600」(デュアルコアItanium2を2個)または「同rx6600」(デュアルコアItanium2を4個)である。いずれも,OSは標準でHP-UX 11i v2 Foundation OEが稼働。前者では仮想マシンを最大4台まで,後者では仮想マシンを最大8台まで同時利用できる。