PR
米Yahoo!共同設立者のJerry Yang氏
米Yahoo!共同設立者のJerry Yang氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Yahoo!は米国時間6月18日,会長兼最高経営責任者(CEO)のTerry Semel氏に代わり,同社共同設立者のJerry Yang氏が新CEOに就任すると発表した。Semel氏は執行権のない会長職にとどまる。

 また取締役会は,元CFOで現執行副社長兼Advertiser and Publisher Group責任者のSusan Decker氏を同社社長に任命した。

 Semel氏は「早急に退任したい」との意向を取締役会に伝えていたという。同氏は,「Yang氏とDecker氏のすばらしい才能と実績,そして部下を持っており,当社を前進させる完璧な組み合わせである。当社の可能性を最大限実現するために,異なるスキルと強みを持つ新たなリーダーシップを必要とする時期だ。それは正しいことであり,今がまさにその時だ」と述べた。

 Yang氏は,David Filo氏と1994年4月にインターネット・ナビゲーション・ガイドを作成し,翌年Yahoo!を共同で立ち上げた。以来,同社の企業戦略,技術的提携,国外合弁事業,優秀な人材の採用などに貢献してきた。

 Semel氏は,2001年にCEOとしてYahoo!に入社した。同社取締役のEd Kozel氏によると,同社の業績は2001年の赤字から2006年には10億ドル近い利益を生み出している。売上高は9倍に成長し,2006年は64億ドルに達した。

 しかし米メディアの報道(internetnews.com)によると,同社は新たな検索広告プラットフォーム「Panama」の公開に手間取ったことで,米Googleや米Microsoftなどに後れを取ったとの批判にさらされていた。

[発表資料へ]