PR

 米Microsoftは,IPテレビ(IPTV)/マルチメディア・プラットフォームの最新版「Microsoft Mediaroom」と,同プラットフォーム向けアプリケーション開発ツールキット「Microsoft Mediaroom Application Development toolkit」の提供を開始した。Microsoftが米国時間6月18日に明らかにしたもの。

 Mediaroomは,ブロードバンド・ネットワーク経由で各種IPTVサービスを実現するソフトウエア・プラットフォーム。標準(SD)および高品位(HD)テレビ番組に対応し,インタラクティブ番組,デジタル・ビデオ録画,ビデオ・オンデマンド(VOD)といった機能を提供する。

 最新版では,名称をこれまでの「Microsoft TV IPTV Edition」から変えた。変更の理由についてMicrosoftは,「新しいさまざまなネットワーク対応エンタテインメント機能で,今日および将来予想される操作性が実現可能となり,それを名称に反映させた」と説明する。

 Mediaroomは,旧版に対して各種マルチメディア機能を強化している。MicrosoftのMicrosoft TV事業担当副社長であるEnrique Rodriguez氏は「個人向けのメディア共有機能とWebベースのアプリケーションで,現在のテレビ・セットとは別次元の“テレビ体験”を消費者に届ける。Mediaroomを使うと,テレビとあらゆるメディアを1カ所に集め,真の個人用マルチメディア体験が可能となる」と述べる。Mediaroomの新しいマルチメディア機能は以下の通り。

・個人向け音楽/写真共有:パソコンに保存した音楽や写真を,家庭内のどこからでもテレビ・セットで再生/表示

・マルチ画面表示:1つの画面で複数の番組やカメラ・アングルを同時に表示

・マルチメディア/アプリケーション環境:WebサービスおよびWebアプリケーション用の環境を備え,VODポータル,ゲーム,インタラクティブTVといった各種サービスを実現

・地上デジタルTV(DTT):DTTに対応し,IPTVと連携させたサービスを提供可能

 Microsoftによると,既に世界各地のサービス・プロバイダ18社以上がMediaroomを採用しており,10社が商用サービスを展開中という。

[発表資料(その1)]
[発表資料(その2)]