PR


米Appleの「iPhone」
[画像のクリックで拡大表示]
 米Appleは米国時間6月18日,同社がまもなくリリースする携帯電話「iPhone」のバッテリ駆動時間が,当初想定していたよりも長くなると発表した。通話時のバッテリ駆動時間は2007年1月の製品発表時に5時間としていたが,それが8時間になるという。インターネット接続時は6時間(当初は5時間),ビデオ再生時は7時間(同5時間),オーディオ再生時は24時間(同16時間)となる。スタンドバイ時は250時間になる見通し。

 同社はまた,iPhoneのきょう体材質の品質を高め,3.5インチのスクリーンを含む上部全面をプラスチックから光学ガラスに変更すると発表した。「キズに強く,鮮明な表示が楽しめる」(同社)。

 AppleのSteve Jobs最高経営責任者(CEO)は「iPhoneのバッテリ駆動時間はほかのどのスマートフォンよりも長く,大半のMP3プレーヤと比べても長時間」と説明する。

 iPhoneは6月29日に米国で発売する。ディスク容量4GBのモデルの価格は499ドル,8GBのモデルは599ドル。欧州での出荷は2007年末,アジアでは2008年を見込む(関連記事)。

[発表資料へ]