PR

 米Googleは米国時間6月18日に,環境保護の取り組みについて発表した。同社の慈善事業Google.orgが温室効果ガス排出量と石油依存を削減する取り組み「RechargeIT」を進める。

 RechargeITでは,コンセントから充電するプラグイン・ハイブリッドカーの普及促進を図る。研究開発や啓もう活動を行う組織および大学に合計約100万ドルの助成金を支給する。また,プラグイン・ハイブリッドカーや電気自動車,関連するV2G(系統連系自動車)の開発,導入,商用化を目的とした提案(RFP)を募り,約1000万ドルを出資する計画である。

 RechargeITにおけるその他の主なプログラムは以下の通り。

  • 「Plug-In Data Project」:ハイブリッドカーをプラグイン型に改造し,性能データをRechargeITのWebサイトで公開する
  • 「Google Fleet」:Google社員に無料の通勤自動車共有プログラムを提供する。最終的に100台のプラグイン・ハイブリッドカーを導入する
 またGoogleは,米カリフォルニア州マウンテンビューの本社で太陽電池パネルの稼働を開始した。発電量は1.6メガワットで,「カリフォルニア州における平均的な家庭の約1000世帯をまかなえる電力量」(同社)という。

[発表資料へ]