PR

 米Microsoftは,ゲーム機など向け振動型コントローラ技術に関するライセンス契約で条件違反があったとして,契約相手の米Immersionをワシントン州西地区地方裁判所に提訴した。Immersionが米国時間6月19日に明らかにしたもの。

 Immersionは,バイブレーションなどの接触型フィードバック・インタフェース技術の開発/ライセンス供与/販売を手がける企業。ゲーム・プレイに反応してコントローラが振動するハプティクス(触覚)技術に関する同社の特許が侵害されたとして,2002年2月にMicrosoftと,ソニー傘下のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)および米Sony Computer Entertainment of America(SCE America)を提訴した。

 その後ImmersionはMicrosoftと和解し,特許ライセンス料/和解金2600万ドルの受け取り契約を2003年7月25日に結んだ。また2007年には,SCEIとも和解して技術ライセンス契約を締結した(関連記事その1その2)。

 ImmersionがMicrosoftと結んだサブライセンス契約では,SCEIとの和解が成立した時点で,Microsoftに対し,ソニー側から受け取った金額に応じて支払いを行う義務が生ずるという。具体的な支払金額は,1500万ドルをベースとして,受取金額1億ドル超~1億5000万ドルの範囲についてはその25%を,1億5000万ドル超の範囲についてはその17.5%を加算する。これに対しImmersionは「SCEIとの和解にともなうMicrosoftへの支払い義務は生じない」とした。

 Microsoftは,契約内容に関する確認判決のほか,損害賠償や訴訟費用などをImmersionに求める。Immersionは争う姿勢をみせている。

[発表資料へ]