PR

 チョコレート菓子メーカーのメリーチョコレートカムパニーは6月21日、電力線通信(PLC)の導入実験を千葉県船橋市にある同社の工場で実施する。生産ラインを止めずに新たにLANを導入できるかを試すのが目的だ。

 実験にはPLCモデムを9台使用する。工場棟と情報流通センター棟の各フロアーにPLCモデムを設置。PLCモデムには新たに導入するネットワーク対応のタイムカード機器を接続し、出退勤データを集める。収集したデータは専用線経由で本社へ送る仕組みだ。

 これまで船橋工場では、事務スペースにはLANを導入済みだが、タイムカード機器の設置場所にはLANがなかった。そのため、新型のタイムカード機器を導入するには、新たなLANの敷設が必要だった。ただ、有線LANを引くとなると敷設工事のため生産ラインを止めなければならない。また、仮に止めたとしても「チリやゴミの混入が心配」(総務部システム担当の櫻井智彦マネージャー代行)だった。

 無線LANの導入も検討したが、セキュリティの不安や、工場特有のノイズが無線LANに悪影響を与える問題があった。そこで着目したのがPLCだ。既存の電力線を使うPLCの場合、ネットワークの敷設工事が必要ないことから、チリやゴミの発生の心配がなく、生産ラインを止めることもない。総務部システム担当の津田稔マネージャーは、「PLCでのネットワーク構築やデータの送信実験が成功すれば、工場内でのIT端末の利用など様々な応用が考えられる」と語る。