PR

 アッカ・ネットワークスは6月21日,2.5GHz帯無線ブロードバンド参入に向けて企画会社「アッカ・ワイヤレス」を設立すると発表した。同日開催の取締役会で決議した。設立登記は7月上旬を予定する。

 新会社はアッカ・ネットワークスの100%子会社。代表取締役社長には,6月6日にアッカ・ネットワークスのCEO(最高経営責任者)に就任した木村正治氏が兼任する予定(関連記事)。資本金は3億円で,免許の申請までに「あと200億円程度の増資を考えている」(アッカ・ネットワークス)。アッカ・ネットワークスだけによる増資ではなく,バートナの出資を募る予定である。

 新会社ではWiMAXを利用した無線ブロードバンド・サービスの事業化に関する調査や検討を行い,免許の取得に向けて準備する。当面の社員数は50人程度。免許を取得できた場合は事業会社として活動していく。

[発表資料(PDF)へ]