PR
富士通のコンバーチブル型タブレットPC「FMV-T8140」
富士通のコンバーチブル型タブレットPC「FMV-T8140」
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は2007年6月25日、液晶画面が回転するA4型コンバーチブル型のタブレットPC「FMV-T8140」を発表した。価格は26万5000円からで、7月下旬に提供を開始する。

 ディスプレイは、ペンや指で操作できるタッチパネルの12.1型ワイド液晶を搭載する。1280×800ドットの表示が可能。重さは約1.49kg。同サイズの液晶を搭載したコンバーチブル型では世界最軽量という。

 CPUはCore 2 Duo(1.06GHz)。OSにWindows Vista BusinessまたはWindows XP Tablet PC Edition 2005のいずれかを選択可能。バッテリー駆動時間は11.3時間。補助記憶装置として30Gバイトのハードディスクのほかに、16Gバイト、32Gバイトのフラッシュメモリーディスクを選択できる。

 同社は、企業向けのコンバーチブル型タブレットPCとして「FMV-LIFEBOOK Tシリーズ、Pシリーズ」のラインナップを展開しており、今回の製品はそこへの追加機種となる。