PR
写真●韓国Samsung Electronicsが量産を開始した64Gバイトの1.8インチ型半導体ディスク
写真●韓国Samsung Electronicsが量産を開始した64Gバイトの1.8インチ型半導体ディスク
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国のSamsung Electronicsは,NAND型フラッシュ・メモリーを使った記憶容量64Gバイトの1.8インチ型半導体ディスク(SSD:Solid State Disk)の量産を開始した。Samsungが現地時間6月26日に明らかにしたもの。ノート・パソコン向け製品で,「現在最も容量の大きなモバイル向けSSD」(同社)となる。

 同SSDは,8Gビットのシングル・レベル・セル(SLC)フラッシュ・メモリーを64個搭載する。各メモリーの製造プロセス・ルールは51nm。

 ハード・ディスク装置に比べ信頼性が高く,パソコンのブート処理やアプリケーションの起動に必要な時間を短縮できるという。また消費電力が少ないため,Samsungは「ノート・パソコンのバッテリ駆動時間を20%延ばせる」としている。

 Samsungでは,「今後3年間で,標準的なノート・パソコンおよびデスクトップ・パソコンで2.5インチ型や3.5インチ型のSSDが広く使われるようになる」とみる。「SSD販売台数は2010年まで年平均270%のペースで増え,NAND型フラッシュ・メモリー業界で最も大きく成長する分野になる」(同社)。

[発表資料へ]