PR

 ソフトバンクモバイルは6月26日,NTTドコモが同日新割引サービスを発表したことを受け(関連記事),同社の携帯電話料金プランであるブループラン用に「家族割引MAX」と「自分割引(ブループラン)」の二つの割引サービスを追加した。9月1日から提供する。

 ソフトバンクモバイルのブループランは,NTTドコモの料金体系に合わせた料金プラン。「家族割引MAX」はNTTドコモの「ファミ割MAX」,「自分割引(ブループラン)」は同「ひとりでも割引」と同等の割引サービスである。いずれも2年間の継続利用を条件に基本料金を割り引く。

 ソフトバンクモバイルは2006年10月23日,「他社の追随,対抗値下げには24時間以内にさらに値下げを発表する」(孫正義・代表執行役社長)と公約しており(関連記事),今回の割引サービスの追加はそれを実践したもの。

 なお,ソフトバンクモバイルの全加入者中3割は月額基本料金が980円のホワイトプラン(関連記事)であり,ブループランの加入者数は「公表していないが,非常に少ない」(ソフトバンクモバイル)という。

[発表資料(PDF)へ]