PR

 米Time Warner傘下のAOLは米国時間6月26日,同社のニュース・サイト「AOL News」をリニューアルして公開した。新しいサイトではブログ形式を取り入れ,主要通信社からのニュースに対するユーザーからのコメントや投票を受け付けるようになった。また,ユーザーが投稿した記事を掲載するなど,ユーザー参加型の機能を提供する。

 サイトは,3カラムで構成される。中央カラムはAOLのニュース・スタッフが選んだトップ・ニュースをブログ形式で表示する。ユーザーは,記事に関連する写真やビデオが閲覧できるほか,それぞれの記事に投票したりコメントを投稿できる。右カラムでは,米Associated Press(AP),米ABC News,米CBS News,米CNNといった主要通信社からのニュースの見出し,写真,最新ビデオなどを継続的に更新して表示。AOLのニュース・ブロガーのサイトへのリンクも提供する。左カラムでは,コメントが最も多かった記事など,ユーザーの注目度が高い記事を表示するほか,ユーザーが投稿したニュースを掲載する。

 AOL News&Sports担当シニア副社長のLewis D'Vorkin氏は,「ほかのニュース・ポータル・サイトと異なり,AOL Newsはブログ形式を導入して幅広いソースからのニュースを提供するため,ユーザーは迅速にトップ・ニュースや関連する写真,ビデオ,投票機能にアクセスできる。AOL Newsは,ほかの大手オンライン・ニュース・サイトにとって標準を定めるものとなるだろう」とコメントしている。

発表資料へ