PR

 米MicrosoftとフランスのDassault Systemesは米国時間6月26日に,両社の関係を拡大し,Microsoftのオンライン地図検索サービス「Virtual Earth」の機能強化に取り組むと発表した。

 Microsoftの位置特定技術とDassaultの3次元(3D)モデリングおよび視覚化に関するノウハウを組み合わせることで,「ユーザーが全く新しいレベルのリアリズムをVirtual Earthに追加し,創造性と革新性を発揮できるようにする」(両社)。

 Dassaultの3次元CADシステム「CATIA」のベースとなる3Dモデリング技術を用い,CATIAとVirtual Earthのシームレスな連携,デザインの再利用,編集などが行えるようにする。

 またDassaultは同日,オンライン上に現実世界のような体験を実現するための3Dプラットフォーム「3DVIA」を発表した。3DVIAの各種サービスは,オンライン・コミュニティ「3dvia.com」を通じて提供する。年内に最初のサービスを利用可能とする予定。

[発表資料へ]