PR

 NECは6月27日、サーバーの可用性を高めるソフト「CLUSTERPRO X SingleServerSafe」を発表した。OSやアプリケーションの動作状況を監視し、異常を検知するとOSやアプリケーションを自動的に再起動することで、サーバーの長期停止を防ぐ。

 OSやアプリケーションの異常を検知するために、同ソフトにはNECのクラスタリング用ソフト「CLUSTERPRO X」のエンジンを搭載している。アプリケーションの応答がなくなるといった異常を検知した際、待機系のサーバーに処理を移行する代わりに、OSやアプリケーションを再起動することで復旧処理を試みる。

 NECは同ソフトの発売に合わせ、オプション製品としてアプリケーションの動作状況を監視するエージェント・ソフト「CLUSTERPRO X Application Server Agent for Windows(ASA)」も発表した。監視対象となるアプリケーションが動作しているサーバーに、エージェント・ソフトが定期的にアクセスし、サーバーやアプリケーションが正常に動作しているかどうかをチェックする。

 出荷は両製品とも6月29日から。価格は「CLUSTERPRO X SSS」が1CPU当たり10万円、オプション製品の「CLUSTERPRO X ASA」は監視サーバー1台当たり15万円。