PR

 米Time Warner傘下のAOLは米国時間6月28日,インターネット・メール・サービス「AOL Mail」にインスタント・メッセージング(IM)サービス「AIM」を完全統合し,ベータ提供を開始したと発表した。同社Webサイトからアクセス可能。

 新たなAOL Mailでは,同じアプリケーションから同時に電子メールとIMを利用できる。また,これまでのIMAP対応に加え,POP3もサポートする。これにより,任意のインターネット・メール・クライアントを使って,AOL Mailにアクセスすることが可能。

 そのほか同社は,新たなAIM用ウイジェット「AIM WIMZI Widget」を公開した。AIMのバディ・リストに組み込んでおくと,サイトやブログ,あるいはSNSサイトのプロフィールにアクセスしたビジターと即座にチャットを始められる。

 AOL執行副社長のKevin Conroy氏は,「当社はシームレスで完全に統合されたオンライン通信体験の提供を目指している。新しいAOL Mailとウイジェットにより,ユーザーは複数のアプリケーションを立ち上げることなく,オンラインのやりとりを手軽に楽しめるようになる」と述べた。

[発表資料へ]