PR
「イ(にんべん、人)」「ウ(うかんむり)」を含む10画以下の漢字を検索
「イ(にんべん、人)」「ウ(うかんむり)」を含む10画以下の漢字を検索
[画像のクリックで拡大表示]
「木」を4つ以上含む漢字を検索
「木」を4つ以上含む漢字を検索
[画像のクリックで拡大表示]
「龍」の異体字や、対応する中国簡体字・トンパ文字を見ているところ
「龍」の異体字や、対応する中国簡体字・トンパ文字を見ているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 パーソナルメディアは2007年6月29日、読みの分からない漢字や異体字、日本語以外の文字や記号を、文字を構成するパーツを基に検索できるソフト「超漢字検索」を発売。同社のWebサイトでダウンロード販売を開始した。例えば「矩」という文字を入力したい場合、通常は読みが分からなければ入力が難しい。超漢字検索なら、「矢」と「巨」という文字の構成要素で探すことができる。価格は6300円(8月31日正午までの購入は5250円)。すべての機能を無償で10日間使える試用版も用意している。

 超漢字検索が対象とするのは、約18万もの文字や記号。人名に用いられる珍しい漢字や、中国簡体字、ハングル、トンパ文字などを検索できる。検索された漢字については詳細な情報が提示され、その文字の異体字や、対応する中国簡体字などを見ることもできる。例えば「穂」の異体字である「穗」を入力したい場合や、「電」の中国簡体字を入力する場合に役立つという。欧州の言語で使われる文字や発音記号の検索・入力も可能だ。

 検索条件は、漢字を構成する一部のパーツや画数などの情報を組み合わせて指定できる。例えば「竜」を含む画数25~90の漢字は、「竜 = 25~90」と指定する。「木*4」で、「木を4つ以上含む文字」を検索することも可能だ。

 検索した漢字は、コピー・アンド・ペーストで他のアプリケーションソフトに貼り付けられる。Unicode 2.0が対応している文字は文字コードで貼り付けられ、それ以外の文字は画像に変換するなどして貼り付ける。

 対象OSは、Windows XP SP2。Windows Vistaでも利用可能だが、一部動作に制限がある。