PR

 米Micron Technologyは米国時間6月28日,2007会計年度第3四半期(2007年3~5月期)の決算を発表した。売上高は12億9400万ドルで,前期の14億2700万ドルと前年同期の13億1200万ドルから落ち込んだ。損益は純損失2億2500万ドル(希薄化後の1株当たり損失0.29ドル)で,前期の純損失5200万ドル(同0.07ドル)および前年同期の純利益8800万ドル(希薄化後の1株当たり利益0.12ドル)に比べて悪化した。

 売上高の内訳は,NAND型フラッシュ・メモリーがメモリー製品全体のうち約25%を占めた。NAND型フラッシュ・メモリー製品の容量出荷実績は,前期に比べ約75%増えた。イメージング製品の売上高は,総売上高の11%だった。

 当期の損失の主な要因として,Micronは「ほぼすべてのメモリー製品で大きな価格下落が起きたこと」を挙げる。同社によると,最近の供給増加の影響で,当期はDRAMが前期比約35%,NAND型フラッシュ・メモリーが同30%低価格化したという。

 ただし同社は,当期にメモリー製造コストの削減を実施し,1Mビット当たりのコストを前期に比べDRAMで約15%,NAND型フラッシュ・メモリーで約30%削減している。

 また同社は同日,現在COOのMark Durcan氏が社長兼COOに任命されたと発表した。Durcan氏は1984年に入社し,CTOや研究開発担当副社長などを務めた後,2006年初めよりCOOを担当していた。

[発表資料(PDF形式)]