PR

 米Appleは米国時間6月29日に,デジタル・コンテンツ管理ソフトウエア「iTunes」の最新版「7.3」を公開した。同社が新たにリリースした携帯電話「iPhone」に対応する。

 同社は,iTunesからiPhoneのアクティベーションが行えるようにすることを6月26日に明らかにしていた(関連記事)。iTunesを使って,iPhoneのためのサービス・プラン選択や,クレジットカードの認証手続きができる。アクティベーションが完了すると,電話番号,連絡先,カレンダ情報,電子メール・アカウント,ブラウザのブックマーク,音楽といったコンテンツをパソコンから転送することも可能。

 またiTunes 7.3では,家庭内ネットワークにつながっている任意のパソコンに格納されたデジタル・コンテンツを,同社のセットトップ・ボックス「Apple TV」でストリーミング表示できる。これまで,コンテンツ・ライブラリの同期は1台のパソコンだけだった。

 iTunes 7.3は同社Webサイトから無償でダウンロード可能。Mac OS Xと,Windows 2000,同XP,同Vistaをサポートする。

[Appleのダウンロード・サイト]