PR

 オーバーチュアは7月2日,ソーシャル・ネットワーキング・サービス「mixi」に,検索連動型広告「スポンサードサーチ」や「Yahoo!」のWeb検索機能などを提供したと発表した。mixiの「コミュニティ検索」や「日記検索」の検索結果に,オーバーチュアが仲介するキーワード広告が表示されるようになった。サービスは同日から利用可能。

 すでにmixiには,オーバーチュアの提供するコンテンツ連動型広告「コンテンツマッチ」が搭載されており,mixi内のニュース・ページなどには,ページの記事内容に合った広告が掲載されている。今回,これに加えて「コミュニティ検索」や「日記検索」「トピック検索」「Web検索」の検索結果画面にも,検索語句(キーワード)に合致した「キーワード広告」が表示されるようになった。このほかmixi内で行う「Web検索」の検索結果も,オーバーチュアの親会社である「Yahoo!」の検索結果と同一のものになった。