PR

 2007年7月2日、ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は従来から提供している迷惑メール対策「迷惑メールブロック」とは別に、新しい迷惑メールフィルターを導入すると発表した。2007年7月3日から開始し、会員は無料で利用できる。迷惑メールの識別には、米クラウドマークの迷惑メールフィルターなどを利用する。受信したメールのうち、迷惑メールと判断したものについては、件名の先頭に「meiwaku」の表記を付ける。これにより、ユーザーは迷惑メールを簡単に振り分けることが可能となる。