PR
体験談だけを抽出できるブログ検索サイト、SHOOTIのWebサイト
体験談だけを抽出できるブログ検索サイト、SHOOTIのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 リクルート子会社でブログ解析システムを開発するブログウォッチャーは、ブログ検索サイト「SHOOTI(シューティ)」を2007年7月3日に開設する。インターネット上で公開されているブログの中から、執筆者自らの体験談と推定されるコンテンツだけを抽出して検索対象とする仕組みを特徴とする。利用は無料で、ユーザー登録も不要。

 地名や商品名など、任意の検索語をSHOOTIの検索窓に入力すると、その検索語に合ったブログを表示する。「銀座 ランチ」など、複数語をキーにした検索も可能。伝聞調の記述や推測に基づく記述などは検索対象とせず、「観てきた」「食べてみた」「試してみた」など、ブログ執筆者が実際に体験したとみられる記述の部分だけを対象として検索し、結果を表示する。検索結果は、詳細な体験談が記載されているものが上位に表示されるよう設計してあるほか、誹謗中傷と思われる極端にネガティブな記述は排除する仕組みとなっているという。

 個々のブログに書かれた日本語の文章を解析するシステムは、東京工業大学 准教授の奥村学氏らが開発した技術を基にしている。「ブログ中の形容詞や形容動詞などの語句がポジティブな意味かネガティブな意味かを判別するアルゴリズムとして、半自動学習の仕組みを採り入れた。最初に人間が数語の判別例を入力してあげると、あとはコンピューターが自動学習する。学習効率の向上と誤認識削減を図っている」(奥村氏)。

 ブログウォッチャーでは今後、SHOOTIのシステムを応用した事業展開を検討している。具体的には、旅行や自動車などリクルートグループが出版する情報誌のWebサイトに向け、SHOOTIをベースにした関連ブログ検索システムを作成し、APIを提供する。当面はリクルートグループ内のみのサービスとするが、将来的には外部顧客へのサービス提供も検討していく。

 ブログウォッチャーは2007年4月に設立した会社で、資本金は5000万円。リクルートが79%を出資するほか、電通が20%、奥村氏が1%を出資する。