PR

 米Yahoo!は米国時間7月2日,新たな広告プラットフォーム「SmartAds」を発表した。Yahoo!の消費者分析とリッチ・メディア能力,新しい広告技術を組み合わせ,「マーケティング担当者がターゲットとする視聴者に対して高度にカスタマイズした関連性の高い広告をリアルタイムで展開できるようにする」(同社)。

 SmartAdsでは,インターネット・ユーザーの属性や行動,地理的情報に応じて,ユーザーが求めるものに一致した広告を提供する。たとえば,「Yahoo! Weather」でサンフランシスコを基本設定しているユーザーが「Yahoo! Auto」でハイブリッド車をブラウジングしている場合,SmartAdsでは大手自動車メーカーによるハイブリッド車の広告と,サンフランシスコのディーラー情報や,現在のリース価格などを表示する。

 SmartAdsは,広告主や広告代理店がデザインした広告のコンポーネント,商品に関する全データベースの情報などから「数百あるいは数千通り」(同社)の組み合わせを自動的に作成する。マーケティング担当者は,表示されるブランドの印象を維持しつつ,Yahoo!のターゲットを絞りこむ機能を最大限に活用できる。

 Yahoo!は,まず同社ネットワーク上で米国旅行業界の広告主向けにSmartAdsを展開する。数カ月にわたって他の業界向けにも拡大し,将来的にはより幅広いネットワークで提供していく計画である。

[発表資料へ]