PR

 シーゴシステムズ・ジャパンは,サーバー機のI/Oを集約して仮想化する専用装置「Xsigo VP 780」のオプション製品として,サーバー機を収容するポートを24個追加するスイッチ機器「Xsigo IS24」を,7月中旬に出荷する。Xsigo VP 780の価格は600万円(税別)から。Xsigo IS24の価格は112万5000円(税別)。

 Xsigo VP 780は,サーバー機のI/Oのうち,イーサネットやFC(Fibre Channel)などの,ネットワーク機器やストレージを接続するためのI/Oポートを集約/仮想化する装置である。Xsigo VP 780によって,個々のサーバー機が自身のきょう体の内部に備えていたI/Oポートを外出しして,複数のサーバー機で共有できるようになる。Xsigo VP 780とサーバー機との接続はInfiniBandを用いる。サーバー機のPCI-ExpressバスにInfiniBandホスト・アダプタを挿し,InfiniBandケーブル経由で接続する。

 Xsigo VP 780のハードウエア構成は,サーバー機を収容するInfiniBandスイッチ・カード(24ポート)と,I/Oモジュール(15枚)から成る。Xsigo VP 780単体で,最大24台のサーバー機から15枚のI/Oモジュールを共有できる。I/Oモジュールは4種類を用意している。(1)10ギガビット・イーサネット×1ポート,(2)ギガビット・イーサネット×4ポート,(3)4ギガビットのFC×2ポート,(4)SSLアクセラレータ・モジュール---である。

 今回,Xsigo VP 780のオプションとして追加するXsigo IS24は,サーバー接続用のInfiniBandポートを24基,スタック型に追加する製品である。最大で4台のXsigo IS24をスタックすることにより,Xsigo VP 780が備える24基と合わせて,合計で最大120基のInfiniBandポートを利用,すなわち120台のサーバー機を接続できるようになる。