PR
日本語版のGoogleブック検索の検索結果表示画面
日本語版のGoogleブック検索の検索結果表示画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米グーグルは2007年7月5日、書籍検索サービス「Googleブック検索」の日本語版の提供を始めた。米国で提供済みの「Google Book Search」を日本語化し、日本の出版社から提供を受けた書籍をデータベースに加えている。

 Googleブック検索のトップページで任意の検索語を入れ検索すると、書名や著者名、本文のヒット部分などとともに、表紙の画像が表示される。著作権の保護期間が切れた書籍や、出版社から許諾を得た書籍については、書名をクリックすると本文の一部を画像として表示できる。また、詳細表示の画面から「Amazon.co.jp」や「紀伊國屋書店BookWeb」などへのリンクが設けられており、検索した書籍をそのまま購入することも可能。

 グーグルでは1年ほど前から、Googleブック検索の日本語版サービス開始に向け、出版社への営業活動を開始。無償で各社の書籍をスキャンし、OCRで電子化して全文検索可能なテキストにするという作業を行ってきた。詳細表示の画面に出るバナーがクリックされると、広告収入の一部を該当書籍の出版社に配分する仕組みも用意している。