PR

 インテル、デル、野村総合研究所(NRI)の3社は7月5日、共同でオープンソース・ソフト(OSS)の動作検証センターを設立し、運営を開始した。インテル社内に設置している。デルのIAサーバー上でOSSの組み合わせの動作や高可用性を検証し、その結果を順次公開する。これにより、「動作に不安を持つ企業も少なくない。検証結果を示し、メインフレームやUNIXで構築されている基幹系システムをIAサーバーとOSSでリプレースすることを促していく」(NRI)という狙いがある。

 3社が協力する理由について、NRIのオープンソースソリューションセンター 寺田雄一グループマネージャーは、「デルは元々、オープンソース・ビジネスのパートナー。デルはインテルのCPUを販売するベンダーであり、自然な結びつき」と述べる。OSSを基幹系システムで利用する企業が増えれば、3社とも売り上げが伸びる。

 各社の役割としては、インテルが主に施設と技術サポートの提供、デルが施設の運営、IAサーバーと技術サポートの提供、NRIが動作検証の実施、を担当する。対象とするOSSは、CentOS、FedoraCore、Debian、FreeBSD、IA SolarisなどOS、MySQLやPostgreSQLなどのデータベース・ソフト、LifeKeeperなどクラスタリング・ソフト、OpenLDAPなどのディレクトリ・ソフト、である。