PR

 ソフト開発会社のアクセラテクノロジは7月6日,企業向け全文検索ソフト「Accela BizSearch インデクシング高速化オプション」を発表した。同社の既存製品「Accela BizSearch」のオプションとして提供する。製品提供は発表と同日。オプションの価格は500万円から(本体を含む場合は800万円から)。

 Accela BizSearchは,企業内の文書ファイルなどを全文検索するソフトである。WordやExcelなどの文書ファイルのほか,グループウエアやメール・サーバーなどを検索対象にする。キーワードと文書の関係を保存した「インデックス」を作成し,そのインデックスを用いて検索の高速化を図るソフトである。

 検索対象のファイルが更新されると,インデックスも更新する必要がある。通常は夜間に実行する「クローリング」処理で更新されたファイルを特定し,そのファイルから必要な情報を収集してインデックスを更新する。クローリングとは,全検索対象ファイルのタイムスタンプを読み取り,(前回のクローリングから)更新されているかどうかをチェックする処理である。クローリングはその仕組みから,検索対象ファイルが増えれば増えるほど時間がかかる。

 新しく発表したオプション「インデクシング高速化オプション」を用いると,クローリングを行わずに更新ファイルを特定できる。具体的には,ネットワーク・パケットをキャプチャしてファイル・サーバーへのアクセスを把握し,更新ファイルを特定する。同社の試算では,4000万ファイル(1Tバイト)の場合,クローリングに2.7日かかる。この時間が不要になるというわけだ。

 構成は次のようになる。Accela BizSearchを搭載した検索サーバーとは別に,ネットワーク・パケットを集約するサーバーを用意する。パケットは,ネットワーク・スイッチのミラー・ポートなどから収集する。検索サーバーは,パケット収集サーバーに定期的にアクセスしてインデックスを更新する。数分間隔にインデックスを更新することも可能である。

■変更履歴
製品名を誤って表記している個所がありました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2007/8/30 20:23]