PR

 運用管理ツールなどを手掛けるBMCソフトウェア(東京都中野区、生駒芳樹社長)は、システム上のハードやソフトを自動検出したり関連付けを行う「Topology Discovery」と、ビジネス上の影響度や緊急度の視点でトラブルの監視などを行う「Service Impact Manager」を7月10日から出荷すると発表した。

 BMCソフトウェアは「ビジネス・サービス・マネジメント」と呼ぶ概念を提唱しており、単なる運用管理から一歩踏み込み、企業活動と関連付けることで投資対効果を明確にしようとしている。今回の2製品は同概念を実践できるようにしたもので、BMCソフトウェアの中核の運用管理ツール「Remedy IT Service Management」の構成管理データベース(CMDB)と連携して使う。

 価格は最小構成でTopology Discoveryが330万4000円から、Service Impact Managerは1534万円から。パートナー経由でも発売し、初年度はそれぞれ10社程度に販売する予定。