PR

 米EMC傘下のVMwareは米国時間7月9日,米Intelから出資を受けることを明らかにした。Intelは投資事業Intel Capitalを通じて2億1850万ドルを出資し,VMwareのClass A普通株を取得する。

 VMwareは新規株式公開(IPO)を計画している。IPO実施後に,IntelはVMwareの全発行済み普通株式の約2.5%(議決権としては1%未満)を所有することになる。なお,Intelからは1名をVMwareの取締役会に送り込む予定。

 Intelはこの出資により,両社間の協力を推進し,IntelアーキテクチャにおけるVMware仮想技術の導入促進を図る。

 米メディア(New York Times)によると,IPOの売却株式数は最大379万5000株で,価格は1株当たり23~25ドルの範囲とみられる。

[発表資料へ]