PR

 米Microsoftは7月10日(米国時間),米国デンバーで開催したパートナー向けイベント「Microsoft Worldwide Partner Conference 2007」で,「Windows Server 2008」「Visual Studio 2008」「SQL Server 2008」の「発売(ローンチ)イベント」を2008年2月27日に開催すると発表した。

 次期サーバーOSである「Windows Server 2008(開発コード名:Longhorn)」は,2007年内に開発が完了する予定であり,2月27日のローンチ・イベントが実際の「販売開始」になるだろう。一方,Visual Studio 2008とSQL Server 2008は,2008年内に完成する予定の製品であり,ローンチ・イベントが即座に「販売開始」にはならない可能性が高い。

 同社が3製品のローンチ・イベントを同時に行うのは,これら3製品がそれぞれ密接に関連しているためだ。例えば,Visual Studio 2008は,Windows Server 2008とSQL Server 2008に正式に対応した開発ツールという位置付けである。またSQL Server 2008には,Windows Server 2008から削られたストレージ・サブシステム「WinFS」を補うような機能が追加されている。

 なおマイクロソフト日本法人では,日本でのローンチ・イベントの日程については「後日発表する」としている。