PR
レノボの高性能ノートPC「ThinkPad T61p」
レノボの高性能ノートPC「ThinkPad T61p」
[画像のクリックで拡大表示]

 レノボ・ジャパンは2007年7月10日、企業向けノートPCの「ThinkPad T61p」、「ThinkPad X61s」、「ThinkPad R61」、「ThinkPad R61e」を新たに発売した。いずれも同日から販売を開始した。

 いずれのモデルも、バッテリーの駆動時間をコントロールできる「Battery Stretch」を搭載。T61p、R61、R61eは無線のパフォーマンスを向上させる「ウルトラコネクトII」を搭載する。また、廉価機のR61e以外は、指紋センサーを搭載しており、指紋認証によるログインが可能。

 「ThinkPad T61p」は、高機能なノートPC。ディスプレイにWUXGA(1920×1200ドット)表示の15.4型ワイド液晶を搭載する。グラフィックチップにはNVIDIA Quadro FX 570Mを採用した。CPUはCore 2 Duo(2.4GHz)、メインメモリーは1GB。OSはWindows Vista Ultimateがインストールされる。価格は41万7900円。

 「ThinkPad R61」はエントリーモデルのノートPC。ディスプレイにWSXGA+(1680×1050ドット)表示の15.4型ワイド液晶を搭載する。CPUはCore 2 Duo(1.8GHz)、メモリーは512MB。OSはWindows XP Professionalがインストールされる。価格は15万3300円から。

 「ThinkPad R61e」は、ThinkPad R61の廉価版。ディスプレイは同サイズの15.4型ワイド液晶だが、WXGA(1280×1024ドット)表示となる。CPUはCeleron M 540(1.86GHz)、メモリーは512MBを搭載。OSはWindows Vista BusinessまたはWindows XP Professionalがインストールされる。価格は10万5000円から。

 「ThinkPad X61s」は、最長で11時間の長時間駆動が可能なB5型ノートPC。ディスプレイにXGA(1024×760ドット)表示の12.1型液晶を搭載する。CPUはCore 2 Duo(1.4GHz)を搭載。メモリーは512MBまたは1GBから選択。OSはWindows Vista Businessがインストールされる。価格は18万9000円から。