PR
写真●Mappletを使用したページの例
写真●Mappletを使用したページの例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間7月11日,地域検索/地図検索サービス「Google Maps」用ミニ・アプリケーション「Mapplet」の正式提供を開始した。Googleが同日明らかにしたもの。

 Mappletは,Google Mapsと連携可能なミニ・アプリケーション。「Google Maps API」をベースとしており,JavaScript経由で地図を操作する「Google Gadgets」である。これまで開発者向けプレビュー版として限定公開していた(関連記事)。

 Mappletを利用すると,Google Mapsの地図上にさまざまな情報を重ねて表示できる。例えば,不動産や映画の検索機能や,地図上で距離を測る機能,ホテル情報/天気予報/ガソリン価格などの表示機能のほか,動画共有サービス「YouTube」のビデオを再生するMappletもある。Mappletで情報を付加した地図は,コメントを付けて保存したり,友人などに公開したりすることも可能。

 Google Mapsの「My Maps(マイマップ)」タブで「Add content(コンテンツを追加)」をクリックすると,Mapplet一覧ページにアクセスできる。各Mappletの「Add it to Maps(Googleマップに追加)」ボタンをクリックすれば,利用を始められる。現在100種類以上のMappletがある。

 またGoogleは,Mappletの開発に必要な情報をWebサイトで公開している。

[発表資料へ]