PR
マイクロソフトの平井康文・執行役専務(左)とSAPジャパンの安田誠シニアバイスプレジデント
マイクロソフトの平井康文・執行役専務(左)とSAPジャパンの安田誠シニアバイスプレジデント
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトとSAPジャパンは、共同開発したソフト「Duet for Microsoft Office and SAP」を7月12日から日本市場でも発売すると発表した。

 DuetはマイクロソフトのOffice製品をSAPのERP(統合基幹業務システム)製品の入力用として使えるようにするソフト。例えば、Outlookの予定表画面からERPにアクセスして休暇申請を出したり、Excelなどから簡単にERPのデータを扱えるようになる。

 ユーザー企業の現場の社員にとっては、使い慣れたOffice製品を使えるため、ERPソフト導入のときに特別なトレーニングをしなくても済むという。海外では約1年前に発売しており既に約250社が導入、約40万人が利用しているという。

 Duetにはあらかじめ、予算管理や休暇管理、出張管理、購買管理といった業務を想定した機能を「シナリオ」として組み込んでいるため、短期間で導入できる。今回のDuetは「1.0」で、参考価格は2万8400円から。2007年内には追加シナリオなどを備えた「1.5」を国内販売する予定。

 販売はマイクロソフトとSAPジャパンのそれぞれのチャネルを通じて行う。パートナー企業として、既にアクセンチュアやアビーム コンサルティング、オデッセイ、テクノスジャパン、東洋ビジネスエンジニアリング、日本総研ソリューションズ、NEC、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、富士通、ベリングポイントが賛同している。マイクロソフトとSAPジャパンは共同でサポートデスクも置く。