PR

 森トラストは7月13日,同社が保有するアイピーモバイルの全株式を米ネクストウェーブ・ワイヤレスに譲渡することで合意したと発表した。森トラストは,アイピーモバイルの発行済み株式の69.23%を保有する筆頭株主だった。ネクストウェーブは,5月にアイピーモバイルが通信方式に採用する「TD-CDMA」技術を開発した米アイピーワイヤレスを買収している。

 森トラストは,譲渡金額などは非開示としている。なお,契約締結後2カ月間は,ネクストウェーブが森トラストに対して同条件での買い戻しを請求できる権利を持つ。ただし,買い戻しの条件は明らかにしていない。

 森トラストは,4月10日にアイピーモバイルの株式をマルチメディア総研から取得していた(関連記事1),(関連記事2)。アイピーモバイルの当初計画では2006年10月にサービス開始だったが,2006年7月にサービス開始時期を2007年春に延期。その後,4月10日に資金難などを理由にサービス開始時期をさらに延期。そのタイミングで,筆頭株主が森トラストに変わった。いまだにサービスは始まっていない。

 総務省は「現時点で開設計画の変更は受け取っていない」としている。

発表資料へ(PDF)]