PR
無線LAN親機の「AtermWL5400AP」と無線LAN子機の「AtermWL54TE」
無線LAN親機の「AtermWL5400AP」と無線LAN子機の「AtermWL54TE」
[画像のクリックで拡大表示]

 NECとNECアクセステクニカは2007年7月17日、無線LAN機器「Aterm」の一部製品で、経年劣化が進行して動作が停止する不具合があると公表した。まれに煙が発生することもあるという。対象となる製品は無償で交換する。

 対象となる製品は無線LAN親機の「AtermWL5400AP」と無線LAN子機の
「AtermWL54TE」。2003年12月より2006年6月までに約14万8000台を出荷した。交換対象の親機を含む「AtermWL5400APワイヤレスセット」、交換対象の子機を含む「AtermWR7600Hワイヤレスセット」「AtermWR6600Hワイヤレスセット」「AtermWR7800Hワイヤレスセット」の場合は対象の機器だけを交換する。プロバイダー事業を手がけているKDDI、ソフトバンクテレコム、NECビッグローブも対象機器をレンタルしているという。

 機器内部の電気部品の経年劣化が早く進むものがあり、内部の電圧が不安定になり、動作が停止する。動作が停止した際に、まれに煙が発生することもある。難燃性素材を使っているため、発火する可能性はないという。

 NECは対象機器の交換を受け付ける専用サイトのほか、電話の受付窓口も設けている。電話番号は0120-043344。