PR

 米Microsoftは,中小企業向けオンライン・アプリケーション・サービス「Microsoft Office Live」の広告管理ツール「adManager」(ベータ版)で,米Ask.comの検索広告サービス「Ask Sponsored Listings(ASL)」を利用できるようにした(関連記事)。Microsoftが米国時間7月17日に明らかにしたもの。

 adManagerは,MicrosoftのWeb広告配信システム「adCenter」と連携し,検索連動型広告を購入/管理できるツール。対象キーワードと入札額を指定して広告を出稿するほか,管理機能やレポート機能を備える。ASLは,公開入札形式の広告配信サービス。現在4万8000人以上の広告主が利用しており,キーワード数は2500万種類以上あるという。

 adManagerがASLに対応したことで,Office Liveの管理画面からASLにアクセスし,広告を出稿・管理できるようになった。これにより,Office Liveユーザーは広告の配信先を拡大できる。

[発表資料へ]