PR
ウィルコムの喜久川政樹社長
ウィルコムの喜久川政樹社長
[画像のクリックで拡大表示]
PBXとウィルコムの通信網を接続することを検討中だと語った
PBXとウィルコムの通信網を接続することを検討中だと語った
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィルコムの喜久川政樹社長は2007年7月18日、東京ビッグサイトで今日から20日まで開催されている「ワイヤレスジャパン2007 」の基調講演で今後の戦略を語った。それによると、オフィス内の固定電話とPHSを融合する新サービスを検討しているという。

 喜久川氏によると、同社のサービスの特徴は、通話やメール、データ通信を定額で提供できることにあるとした上で、スマートフォンを代表とするパソコン関連市場と、固定電話関連の市場を狙っていくという。

 スマートフォン関連の市場では、2007年7月19日に発売するWindows Mobile搭載のスマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」の機能を紹介。予約数が1万件を超えたことを明らかにした。

 また、固定電話関連では、音声サービスの定額料金制を拡大していくことを示した。その一例として、オフィスのPBX(構内交換機)とウィルコムの通信網を接続し、PBX経由の発着信の無料通話を検討しているという。

 今後は通信・通話エリアの拡大や、都市部など人口集中エリアの大きなトラフィックをさばくための通信回線の大容量化といったユーザーニーズに応えるため、基地局とIPネットワークの接続に光ファイバーを利用したり、OFDMA(直交周波数分割多元接続)などの技術を取り入れたりしていくという。