PR

 米Hewlett-Packard(HP)と米マサチューセッツ工科大学(MIT)図書館は米国時間7月17日に,教育および研究機関向けデジタル・コンテンツ・リポジトリ「DSpace」の導入促進を目的とした非営利団体「DSpace Foundation」の設立を発表した。

 DSpaceは,より長期間にわたるデジタル・アーカイブの保存および管理を可能にするために,HPとMIT図書館が2002年に共同開発したオープンソース・プラットフォーム。BSDオープンソース・ライセンスのもとで無償公開している。現在世界中の200を超えるプロジェクトでDSpaceソフトウエアを採用し,書籍や論文,3Dデジタル・スキャン,写真,映画,ビデオ,研究データといった各種コンテンツの取得,保管,共有に取り組んでいるという。

 DSpace Foundationでは,学術研究データの利用や管理に同ソフトウエアを導入する組織に対してサポートを提供する。執行ディレクタには,米Internet Archiveの元ディレクタであるMichele Kimpton氏が就任する。Internet Archiveはデジタル化した歴史的印刷物へのアクセスを提供する目的で設立された非営利団体で,同氏はアーカイブ向けオープンソース・ソフトウエアのプロジェクトを率いていた。

 ちなみに,中国の北京航空航天大学が,2008年に北京で開催される夏季オリンピック大会関連のコンテンツを集めたプロジェクト「2008 Virtual Olympic Museum」にDSpaceを採用する。