PR
欧州を中心に表示した、ゾンビパソコンの配置図(ソフォスの情報から引用)。ゾンビパソコンが多い地域が赤でプロットされている
欧州を中心に表示した、ゾンビパソコンの配置図(ソフォスの情報から引用)。ゾンビパソコンが多い地域が赤でプロットされている
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティ対策ソフトなどを手がけるソフォスは2007年7月18日、同社ラボが受信した迷惑メール(スパム)の数を基に、2007年第2四半期(4月から6月)の「スパム送信国ワースト12」を発表した。この期間に同社が受信した迷惑メールの19.6%は、米国に存在するコンピューターから送信されたという。

 今回発表された「スパム送信国ワースト12」は以下のとおり。

順位国名割合(%)
1米国19.6
2中国8.4
3韓国6.5
4ポーランド4.8
5ドイツ4.2
6ブラジル4.1
7フランス3.3
8ロシア3.1
9トルコ2.9
10英国2.8
10イタリア2.8
12インド2.5
 その他35.0


 同社によれば、2007年第2四半期に受信した迷惑メールの総数は、2006年同期比で9%増であるという。米国のワースト1は最近の傾向。例えば、2007年第1四半期(1月から3月)も19.8%でワースト1だった。

 今期の特徴としては、欧州から配信される迷惑メールの数が増えていることを挙げている。2007年第1四半期は、ワースト12に欧州の国が5カ国含まれていたのに対して、今期はトルコが“チャートイン”して6カ国に増えた。この6カ国の合計は、米国を超えている。

 ソフォスでは、この理由の一つとして、「ゾンビパソコン(ゾンビ化されたパソコン)」が欧州で増えていることを挙げている(図)。ゾンビパソコンとは、ウイルスに感染して、攻撃者に乗っ取られたパソコンのこと。乗っ取られたパソコンは、迷惑メールの送信に悪用されることが多い。

 日本に存在するコンピューターから送られた迷惑メールは、全体の1.3%。20番目に多かったという。