PR

写真●シマンテックの木村裕之代表取締役社長
写真●シマンテックの木村裕之代表取締役社長
 シマンテックは7月19日,新製品「Symantec Endpoint Protection 11.0」とそのオプション製品「Symantec Network Access Control 11.0」を発表した。いずれも“エンドポイント”である社員のパソコンのセキュリティを確保するための企業向け製品で,10月に発売予定。

 同日開催された発表会であいさつに立った木村裕之代表取締役社長は,変貌(へんぼう)するセキュリティの脅威,コンプライアンスに関連した新たなリスク,多様化する侵入経路といった現状を指摘し「従来のセキュリティ対応だけでは,全体のリスク管理が難しい。だからこそ,セキュリティ脅威に対応した新たなセキュリティ・スタンダードが必要になっている」と主張した。

 Endpoint Protection 11.0は,企業向けのウイルス対策製品「Symantec Antivirus Corporate Edition 10.x」の新バージョンに相当するが,機能強化して名前を変えた形になる。搭載機能は大きく「ウイルス対策とスパイウエア対策」「ネットワーク型脅威からの防御」「プロアクティブな脅威からの防御」「ネットワーク・アクセスの制御」に4分類できる。

 具体的には,直接ディスク上のデータ構造をチェックして修復できる「Raw Disc Scan」というルートキット対策,独自アルゴリズムでプログラムの振る舞いを調べ未知の脅威を検出する「ビヘイビアベーススキャン」,特定のぜい弱性を突く亜種を含む様々な攻撃に単一のシグネチャで対応する「Generic Exploit Blocking」などの機能を搭載。外部記憶媒体を使えなくしたり,アプリケーションの起動/データの書き込み/通信を制限する機能も備える。

 Symantec Network Access Control 11.0は,Symantec Endpoint Protection 11.0のオプション・ライセンス,および「SNAC Enforcer」と呼ぶアプライアンスを両方購入することで検疫ネットワークを構築できる製品である。企業ネットワークに接続しようとしたエンドポイントがセキュリティ・ポリシーを満たしているかをチェックして,満たしていない場合にそれを修復して接続させるといった制御が可能になる。

 Symantec Endpoint Protection 11.0とSymantec Network Access Control 11.0の価格はともに未定だが,前者については販売中のSymantec Antivirus Corporate Editionと同等にする予定。参考までにSymantec Antivirus Corporate Edition 10.2の価格(1年間のメンテナンスを含む)は,ワークステーションとサーバーのいずれでも使えるライセンスを100ユーザー分購入する場合,1ユーザーあたり7700円。

[発表資料へ]