PR
写真●ソフトバンクBBがHTC Nipponのブースで展示したSaaSケータイ(X01HT)
写真●ソフトバンクBBがHTC Nipponのブースで展示したSaaSケータイ(X01HT)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクBBは,東京ビッグサイトで開催中の「ワイヤレスジャパン2007」のHTC Nipponのブースで「SaaSケータイ」を披露した(写真)。

 SaaSケータイとは,米セールスフォース・ドットコムのオンデマンド・サービス型のCRMアプリケーション「Salesforce」を利用できるようにしたスマートフォン。米マイクロソフトのOS「Windows Mobile 5.0」を搭載した台湾HTC製のスマートフォン「X01HT」に,セールスフォースが開発したモバイル用ソフト「AppExchange Mobile」を搭載している。

 AppExcange Mobileの日本語対応の正式版はまだ販売されておらず,SaaSケータイで搭載されているのはベータ版である。それでも「既にSaaSケータイの商談がいくつか進行している」(ソフトバンクBBの中山五輪男コマース&サービス統括SaaS事業推進部担当部長)という。

 ソフトバンクBBは,SaaSケータイの具体的な活用提案として(1)介護サービス会社,(2)自動車販売会社,(3)PC周辺機器販売会社--という三つのパターンを紹介している。たとえば介護サービス会社では,本社で介護サービス・スタッフのスケジュールをSalesforceで管理し,スタッフはSaaSケータイでスケジュールを確認できるというものだ。