PR

 東芝は2007年7月19日、同社製ノートパソコンに搭載したソニー製バッテリーが発火する事故があったと発表した。今回発火したのは、2006年9月からソニーが開始しているリチウムイオンバッテリー自主交換プログラムでは対象となっていない型式。発火の危険性があるバッテリーパックは、2006年1月から4月ごろにかけて東芝で製造されたノートパソコンに搭載されたものに限られる。

 無償交換の対象となるバッテリーパックの型番は「PABAS067」「PABAS076」。同バッテリーパックを搭載した可能性がある機種は、「dynabook AX 700/800シリーズ」「同 TX700/800シリーズ」「dynabook VX/780LS」「Satellite A100」。これらの機種でも型番、製造番号によって対象とならないケースがあるほか、修理や購入時にオプションバッテリーを選んでいた場合は個別の確認が必要になる。