PR
「採用奉行 中途採用編」の画面
「採用奉行 中途採用編」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 オービックビジネスコンサルタント(以下、OBC)と、同社のグループ会社のビズソフトは2007年7月23日、従業員の新規採用にかかわる業務を支援するシステム「採用奉行」を発表した。中途社員を対象とした「採用奉行 中途採用編」および、パート・アルバイトを対象とする「採用奉行 パート・アルバイト編」の2製品がある。ネットワーク経由で企業にソフトウエアを提供する、いわゆるSaaS(Software as a Service)型で提供する。提供開始日は9月27日。

 採用奉行は、応募者の個人情報や選考進捗状況の管理、応募者へのメール一斉送信などの機能を備える。求職者に対する採用ページを構築/公開する、ユーザーごとに応募者情報の閲覧制限をするといったことも可能。データは、OBCの人事管理システム「人事奉行」形式で出力できるため、採用後の人事管理も容易になるという。またパート・アルバイト編には携帯電話機能も搭載。携帯電話での応募や、採用後に勤務予定を携帯電話から入力、閲覧するなどの機能がある。

 主なターゲットは、中途やパート・アルバイトの採用に力を入れる中堅企業。こうした企業は採用システムを持たず、メールや表計算ソフトなどで管理している例が少なくない。個人情報管理の観点から見れば、リスクは低くない。また「自社のWebサイトだけで応募者を集められるのは大手企業のみで、多くの企業は複数の仲介業者に人材紹介を依頼している。業者ごとに応募情報のフォーマットが異なるため、データ管理が煩雑になりがち」(ビズソフト)。採用奉行を導入すれば、仲介業者向けにパスワードを発行し、採用奉行のシステム上で情報をやり取りできるため、安全性や効率が高まるという。

 価格は、中途採用編、パート・アルバイト編ともに、6カ月契約で44万1000円。3カ月単位での更新が可能で、更新料は3カ月で18万9000円、6カ月で36万5400円などとなっている。初年度で300契約の獲得を目標としている。なお同製品はビズソフトが開発し、販売をOBCが担当する。製品サポートは、ビズソフトが実施する。