PR
広角28mm対応で最薄モデルの「DMC-FX33」
広角28mm対応で最薄モデルの「DMC-FX33」
[画像のクリックで拡大表示]
光学18倍ズームモデルの「DMC-FZ18」
光学18倍ズームモデルの「DMC-FZ18」
[画像のクリックで拡大表示]
「インテリジェントオートモード」の例。人物がいる状況では自動的に撮影モードが「人物」になり、顔認識AF&AE機能が働く
「インテリジェントオートモード」の例。人物がいる状況では自動的に撮影モードが「人物」になり、顔認識AF&AE機能が働く
[画像のクリックで拡大表示]

 松下電器産業は2007年7月24日、同社のデジタルカメラ「LUMIX」シリーズに新製品を3モデル加えた。「DMC-FX33」「DMC-FX55」「DMC-FZ18」の3モデルで、発売予定はいずれも2007年8月25日。予想実勢価格はDMC-FX33が約4万3000円、DMC-FX55が約4万5000円、DMC-FZ18が約5万5000円となる。3モデル共通の特徴として、カメラまかせで簡単にきれいな写真が撮れる撮影モード「インテリジェントオートモード」を搭載している。

 インテリジェントオートモードは、失敗写真を防ぐため、カメラ側が自動で4つの機能を同時に摘要する撮影モードのこと。1つめは従来から備えている、被写体の動きに合わせて感度を調整する動き認識機能と、光学式手ぶれ補正機能を組み合わせたぶれ防止機能。2つめは被写体の顔に合わせてピントと露出を調整する新搭載の顔認識AF&AE機能。3つめは撮影状況をカメラが自動的に判断し、通常、人物、風景、マクロ、夜景、夜景&人物の中から最適な設定で撮影する「自動シーン判別」機能。4つめはカメラを構えた瞬間にピントを合わせる「クイックAF」機能だ。
 
 新製品の3モデルでは、撮影モードをインテリジェントオートモードに設定しておくだけで、撮影状況に合わせた最適の設定で失敗のない写真が撮れるという。個々の特徴については以下の通り。

 「DMC-FX33」は、焦点距離(35mmフィルム換算)が広角28mmのワイド撮影に対応するデジカメでは最薄のモデル。厚さは22mm。有効画素数は810万画素で、光学3.6倍ズーム、2.5型の液晶モニターを備える。通常時でISO1600、高感度モード時でISO6400までの高感度撮影機能を持つ。また、200万画素時に1秒間で最速7枚の連写機能を備える。本体色は銀、茶、桃、白、青の5色を用意する。「DMC-FX55」は、DMC-FX33と同機能を持ちながら、液晶モニターのサイズを3型に大型化した。本体色は銀、黒、桃の3色。
 
 「DMC-FZ18」は、焦点距離(35mmフィルム換算)が28mmから504mmと幅広い撮影範囲に対応する、光学18倍ズームモデル。有効画素数は810万画素で、2.5型の液晶モニターを備える。1cmまで接写可能なマクロ機能を搭載。光学18倍ズーム時でも1mまで近づいて撮影できる。通常時でISO1600、高感度モード時でISO6400までの高感度撮影機能を持つ。本体色は銀と黒の2色を用意する。