PR

 日立システムアンドサービスは7月24日、コンテンツ管理システム(CMS)「ラビニティ ECM(エンタープライズ・コンテンツ・マネジメント) 03-10」を7月25日から販売すると発表した。米オラクル製データベースOracle Database 10gに対応することで、セキュリティの強化などが図れるという。

 ラビニティ ECMは、企業が作成・承認した文書を全社的に管理するためのソフトウエア。今回発表したECM 03-10では、文書を保管するデータベースとしてOracle Database 10gをサポートした。同データベースが持つセキュリティ機能を利用すれば、社内からの不正使用を防止するためのアクセス権限の設定やデータベース情報の暗号化などができる。さらに、文書ファイルごとに任意の属性を追加できるため、文書の自動振分も可能になる。

 ラビニティ ECM 03-10の価格は、490万6650円から。参照・更新ライセンスは10ユーザが18万9000円、100ユーザは168万円。日立システムは、ラビニティ ECMの製品およびシステム・インテグレーション・サービスなど、今後3年間に20億円の売り上げを見込んでいる。